先輩社員の声

一日、一日で出来る事を
「全力」でやる

八下田隆志
工事部

1. ASHIBA株式会社を選んだ理由

直感を信じて。

足場職人として一旗揚げようと求人募集サイトを通じてASHIBA株式会社に応募しました。
面接時に社長の近藤が思い描く、会社のビジョンや将来像を聞き、共鳴しました。
さらにそれを熱く語る近藤の人間味に「ここだ!」とフィーリングを感じて入社を決めました。
信頼する仲間と日々現場に立つ。

2. 現在の業務内容

毎日成長を感じて。

実際に現場に立ち、足場の組み立てと解体を行っています。
朝6時に会社に集合して全員で朝礼を行い、班ごとでトラックに分乗して現場に向かいます。
現場は主に一般住宅やアパートです。新築の現場にも伺うので、全くのゼロから足場の配置をイメージして図面を引き、組み立てることもしばしばです。
当初はさすがに戸惑い先輩の方々についてまわったのが良い思い出です。
ですが、弊社では毎月足場に関する勉強会を開いているので、みんなめきめき腕を上げていくのでそういった作業もむしろ楽しくなってきました。

3. 仕事をする上での自分のルール

二度とない今日を生きる。

私が毎日自分に言い聞かせていることは、

「一日一日、できる事に全力で取り組む」

ということです。
足場の現場作業は一つとして同じ現場はありません。
故に毎日が貴重な自己研鑽の時間だと思い、今の自分ができることに全力で向き合うことを決めています。

尊敬する会社の先輩と飲み会での一コマ。

4.これからチャレンジしたいこと

同じ未来を目指す。

弊社の社長である近藤の夢が「日本一の足場工事会社になる」ことです。
今、私がチャレンジすることがあるとすればそれは全て社長の夢である「日本一の足場工事会社になる」ことに向けられたものです。
青臭い話しかもしれませんが、人柄に惚れ込んで入社した以上、
「社長の夢が自分の夢」という気合で日々業務に臨んでいます。
PAGE TOP